運用有効性評価から改善活動へ

内部統制プロジェクトも前半の山場を迎えています。
文書上でOKとされたコントロールが実際に有効に機能しているかをテストする運用有効性評価フェーズが今月末で終了するのです。

私が担当している国内、海外の生産拠点は私を含めた2名のコンサルタントで支援しています。国内生産拠点の支援はまだコンサルタント2年目ですが非常に優秀なN君に現地サポートを任せ、私は海外の2拠点と本社工場を支援しています。

9月最終週の4日間で各生産拠点の内部統制チームを一同に集め、ワークショップを実施します。
ワークショップではこれまでに出た課題を整理し、今後の改善活動の方針をディスカッションする場にするつもりです。

今週はワークショップのアジェンダを作ることから始まり、各拠点のテスト結果をレビューしディスカッションするテーマを選定したり確認する項目を洗い出したりと準備に明け暮れ「山場感」たっぷりの一週間でした。

今回2回目となるワークショップ、前回は中国語と日本語が飛び交う場でしたが、今回もまた中国語と日本語、そして英語も飛び交う国際色豊かなワークショップになりそうです。

[PR]

# by beyondpark | 2007-09-22 09:48  

文書化と運用評価

現在私がアサインされているプロジェクトは有効性の評価フェーズの真っ最中。文書化された有効性評価を終え、運用評価を実施するところに差し掛かっています。

運用評価の実施に当たって、今回クライアントの海外生産拠点に行って参りました。
私が行ったのは中国にある2拠点、今回が二度目の中国訪問です。
c0125397_1426169.jpg

c0125397_14254491.jpg

前回行ったときにも感じたことですが、under constructionが大変目に付きます。
上海ともう一箇所は日系企業が多く進出している地方都市、上海をはるかに凌駕する建築ラッシュで香港、上海以外の都市も凄いスピードで都市化が進んでいます(左の写真は上海)。



現地のプロジェクトメンバーが用意した、運用評価に必要な業務プロセス毎のサンプルデータと証憑類をレビューしました。
そこで実際に運用評価で用意した証憑を集めてチェックして見ると、そこで新たに業務改善が必要な事象が出てくるということがありました。これは有効性評価のフェーズでの難しいポイントですが、やはり文書に拠る業務の評価というのは網羅的に不備の洗い出しをするということに限界があります。

運用評価を実施した後には、これまでの文書化、有効性評価、運用評価で洗い出された課題に対する業務改善案のとりまとめ。そして実際の業務改善の実施です。

[PR]

# by beyondpark | 2007-08-22 21:53  

内部統制プロジェクト

「内部統制ルール実質緩和」金融庁方針 企業の負担軽減 

2008年度から全上場企業に摘要する「内部統制ルール」を実質緩和する方針となりました。
緩和策のポイントは下記3点

1.点検する部署・拠点の合計売上高が全体の3分の2以上を目安
→3分の2を下回る水準も容認

2.導入時の文書化作業、システム投資は全拠点
→売上高で計5%未満の小規模拠点は対象外

3.「重要な欠陥」のあった部署の連結税引き前利益に占める割合が5%超の場合、投資家への公表が義務付けられる。
→その部署の利益の割合が一時的な理由で5%を越えた場合は、公表の対象外にできる
(Source:日本経済新聞 2007/6/30)

私が現在アサインされているプロジェクトは内部統制のプロジェクトです。
上記の記事
2009年3月期から内部統制報告書の提出が上場企業に義務付けられました、
いわゆる日本版SOX(金融商品取引法)です。

日経ビジネス2007.5.21号では「すくむ経営」と題して内部統制、CSR、コンプライアンス、グリーン調達等の対応で企業は身動きが取れずにがんじがらめになっているという趣旨の特集が組まれました。

確かに行き過ぎた対応で本来の業務に支障を来たしてしまうのは本末転倒だと思います。
一方、現場で内部統制プロジェクトでは「どこまで対応すればOK」という線引きについては非常に難しい判断を日々迫られています。
クライアントの監査法人とのやり取りの中で「どこまで対応すればOK」が決められていくわけですが、昨日までの監査法人とのやりとりでは私達のプランに監査法人がなかなかOKがもらえずにスケジュールと作業量との難しい調整を強いられていました。

来週以降はこの緩和ルールによって多少はプロジェクトがスピードアップすることを期待しています。

[PR]

# by beyondpark | 2007-07-01 02:28  

エコキャップ

クライアント先の自動販売機コーナーに備え付けのゴミ箱の横に見慣れないボックスが登場しました。ボックスに書かれているのは

ペットボトルのキャップで世界の子どもにワクチンを届けよう
ペットボトルのキャップをみんなで集めよう
キャップは400個で10円になります
ポリオワクチンは1人分20円
20円で1人の子どもの命が救えます

これは「エコキャップ」という運動だそうです。
1.ペットボトル本体の再資源化率の向上
2.外したキャップをリサイクル業者に引き取ってもらい、そのお金でワクチンを購入し、発展途上国の子供に提供する
3.活動を通じて地域活性化に貢献する
という3つの目的があるそうです。

ペットボトルリサイクル推進協議会によると、2005年の日本におけるPETボトル回収率は65.6%で、
欧州の34.6%、米国の21.6%(2004年)と世界でも最高水準だそうです。

キャップを分別して捨てることが途上国の子供のワクチンになるという運動は素直に受け入れやすく、
単純ながら「良い事したなぁ~」と思えます。

個人に限らず企業でも、CSR(企業の社会的責任)の観点から有用な運動の一つだと考えられます。
数年前よりも格段に企業の倫理が問われているのは間違いありません。
最近ではサステナブル経営、つまり持続可能な社会を作るために企業が貢献するということをCSRレポートに記載する企業も増えています。

[PR]

# by beyondpark | 2007-05-31 23:52  

単独世界一周ヨットレース

5月25日のめざましテレビで白石康次郎さんが生出演されていました。
白石さんは単独世界一周ヨットレース「5-OCEANS(5オーシャンズ)」にspirit of yukoh号に乗り込み、日本人初のクラスⅠにてチャレンジする海洋冒険家です。

めざましテレビでは彼がスペインのビルバオからスタートした2006年10月22日から特集を組み、私は彼が無事ゴールできることを祈り、応援していました。

世界一周のレースの中で寄港地はたったの2箇所、2度目の寄港地アメリカのノーフォークに着いた時に白石さんは2位、そして1位との差は圧倒的な差で12日の差が開いていました。
ところが最終的にゴールした時に、白石さんと1位のベルナール・スタムとの差はわずか43分!
「もう順位決まっているから手を抜くとかそういうことは一切なくね、最後まで走りきってね、みんなに迎えられたいなと思います。」
その気持ちがベルナールとの差をそこまで縮めることができたんでしょうね。

そして総合2位で見事ゴールした彼は
「あの船の中でね、いつも誰かそばにいて応援してくれているんだというとをものすごく感じたんですね。みなさんもなんていうかなー、この順位をね自分の事のように誇りに思ってほしいと思うんですよ。」とコメントされています。
「たくさんの人達が応援してくれている」ことが最大のパワーの源だったと。
そしてそんな白石康次郎さんから多くの人達がパワーをもらったと思います。
私もパワーをもらった一人です。

[PR]

# by beyondpark | 2007-05-26 21:47