<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

beyond comfort zone

内部統制プロジェクトはあとは改善を実施するだけ。
今後は改善の進捗管理と文書修正が主となります。プロジェクトも一段落つく11月末で私は内部統制プロジェクトを離れることになりました。

12月からは同じクライアントの別プロジェクトです。
今回のプロジェクトは
「国内4箇所の生産拠点へのOracle EBS導入」
というテーマです。
生産管理、販売、物流、会計の範囲を複数拠点へ一挙に導入するというものです。
しばらく業務系一色でやってきたので久々のシステム導入プロジェクトであり、私にとって初めての生産管理領域のチャレンジとなります。私の役割は共通化、標準化を睨んだ業務モデルを作るお手伝いをすることです。

タイトルの"beyond comfort zone"はつい最近の社内セミナーで
弊社のパートナーが話していたトピックです。
「今自分ができる領域に留まらず、自分が心地よい領域(得意な領域)を飛び出してチャレンジすべし!」という意味です。
これまでに自分の強みとしてやってきた
・Oracle EBS
・内部統制
・クライアントの業務の理解
・会計領域の経験
を活かし生産領域という新しい領域にチャレンジしてみます。


[PR]

by beyondpark | 2007-11-25 22:07  

改善真っ只中

内部統制プロジェクトは運用有効性の評価を終え、課題も明らかになったところで下期いっぱいかけて改善活動を実施します。
今年2度目の中国出張に行ってきました。訪問先は前回と同じで上海ともう一箇所です。

今回の目的は改善策の立案と関係部門との合意形成です。
各拠点は財務部が中心となってこれまで評価を実施してきましたが、全社の仕訳を生成するプロセスを見直して改善をしていくことになります。

財務部内の改善はメールや電話のやりとりで立案・協議ができるのですが、難しいのは生産管理、調達、総務などの財務部以外の部門に改善案を合意してもらうことです。彼等からしてみると今までやってきた業務に面倒な内部統制のコントロールなんてやりたくないし、第一に今までやってきたやり方で間違ってなんていないという思いもあります。

特に上海ではディスカッションに大幅に時間を割き、関連部門と現状業務のやり方について改めてヒアリングを行い、改善策について話を進めてきました。

「件数が多いから業務が回らない、だからできない」とか「今のやり方で十分チェックできている、だから必要ない」と言った意見が出ました。それに対しては「件数が多いなら予定と実績の差分だけ管理する方法やサンプルチェックで対応する」、「会社の重要な数字を決めるプロセスだから担当者のセルフチェックだけでは不十分。マネージャーの確認が必要」といったやりとりを交わし、合意形成をしてきました。

今回、別拠点から上海への移動日を週末にして、日曜日に烏鎮(wuzhen)に行ってきました。上海の内部統制メンバーが車を出してくれて一日私の観光に付き合ってくれました。烏鎮は上海と杭州の間にある水郷鎮で上海人の人気も高いそうです。現在、東地区と西地区が公開されており、西地区は今年オープンしたそうでまだあまり知られておらず、行き交う人もまばらで古い街並みの雰囲気を堪能することができました。

東地区です。こちらはたくさんの観光客で賑わっています

c0125397_8233731.jpg線香を供えるエリア

c0125397_824932.jpg
鎮を一本の運河が貫いています

c0125397_833771.jpg
藍染めの生地を干しているところ



西地区です
c0125397_8404850.jpg

c0125397_8344757.jpg


c0125397_8365754.jpg
映画の撮影をしていました

c0125397_8372953.jpgc0125397_8375123.jpg
c0125397_8382091.jpg
街の端まで歩いて帰りは船に揺られて帰ってきました

[PR]

by beyondpark | 2007-11-18 08:42