システムの共通化と業務の標準化

12月に工場4拠点の基幹システム同時導入のプロジェクトにアサインされて約半年経ちました。
システムの共通化と業務の標準化を推進することが私の役割です。
まず始めにプロジェクトの共通化方針を策定しました。

トップダウンで進めていくべき共通化の方針として
1)内部統制対応
2)経理部方針
3)生産本部方針
4)情報システム部方針
5)ベストプラクティスの活用
6)既存資産の有効活用
の6つに整理しました。

次に6つの方針についての要件オーナーとして各部門の責任分担を明確にし、6つの要件を具体的にする活動をしました。具体案を各要件オーナー主体で立案し、4拠点に対して共通化セッションを実施して合意形成してゆくアプローチです。
共通化セッションのOutputとして"共通化のベースライン"という成果物を定義し、セッションでの合意事項やセッションで明らかにされた課題/懸念を全て"共通化のベースライン"に記載します。

システム導入のプロジェクトで必ず作るものとして業務フローがありますが、この"共通化のベースライン"の合意事項を業務フローに反映させることで6つの要件が1つの業務の流れの中で見えるようになります。

プロジェクト側で作成された業務フローを4拠点に説明する場を設け、業務の成立性や未だ明らかになっていない課題/懸念が明らかになります。

6月下旬からは実機を使った業務フローの検証を実施して行きますが、それまでの時間を使ってこれまでに出された大きな課題についての解決法を4拠点を交えたディスカッションで決めていく予定です。

共通化の進め方が軌道に乗ったところで5月以降の私の役割も変わります。
次に進めるのは
 1) 今4拠点にあるどのシステムを残してどのシステムを廃止するのか
 2) システムとしてどれだけ帳票を作るのか
 3) システム同士を繋ぐインタフェースをどのくらい作るのか
を決めることになります。

早速、
 1)システムの廃止/存続の考え方について
 2)帳票の作成方針
の2つについては4月下旬から2週間程度かけて策定し、4拠点への説明を実施しました。
インタフェースの作成方針についてはクライアント側で概ね作られていたのでここはあまり手をかけずに進めることができました。

1)についてはシステム導入プロジェクトとして"成功した/失敗した"かを判断される分かりやすい指標なのでクライアントの関心も高いテーマです。
いよいよ4拠点の現場との膝詰めの折衝が始まるので更に気を引き締めてやっていきます。

[PR]

by beyondpark | 2008-05-10 10:21 | Job  

ユニクロのCSR >>